「まとめ」タグアーカイブ

日経反落

こんはんば^^
今日も取引お疲れさまでした。

前場はよかったものの、北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射する可能性があることが報じられ、急反落した銘柄が多かったですね。

 

そもそもここ3日の安定地合いは、空売りの買い戻しが原因と言われています。

買いが続かないのも納得できるわけですね。
注目銘柄書いていきます。


スポンサードリンク




3667enish
エニッシュは
ソーシャルアプリの開発・企画・運営を行っており、主に女性向けのアプリが多い会社で、このブログでも何回か書いた覚えがあります。

「欅坂46」初となる公式ゲームアプリ『欅のキセキ』のTwitterキャンペーンやバトルRPGの人気アニメ鋼の錬金術のコラボが好感され、8月下旬から株価を上げている。しかし、直近ではストキャスティクスが買われ過ぎを示すようになり、短期的に売りが入る可能性があると予想していましたが、買い支えもむなしく株価は調整になりそうですね。

 

6093エスクローは金融機関からの業務受託、不動産業務が主軸となっている会社です。

エスクローとは、商取引の際に第三者を仲介させて取引の安全を担保する第三者預託のことみたいです。
参入障壁の低い分野であるため、堅調に成長していく見込みがあり、7月にも営業利益の倍増で投資家の買いを集めました。テクニカルで見ても安定期に入っていると思われ、今後の業績期待の買いも入るかもしれないので、要チェックしています。

9307杉村倉庫
杉村倉庫は大阪に本社を構える倉庫業を行う企業で、野村ホールディングス株式会社の子会社です。
大阪が中心となり、次期国会でカジノを含む統合型リゾート法の実施法案が審議される可能性が期待され、直近でストップ高となっています。出来高は増加していますが、日足のテクニカルでは今は買いづらい局面だけれど、MA反発を期待してもう少し落ちるのを待つか、強いと判断したらスキャルピングでも参戦するかもしれないです。

 

9983ファーストリテイリングは皆さんお馴染みの株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社です。
直近で同社と三菱商事がロシアでユニクロ事業を展開する子会社の第三者割当増資を、三菱商事が引き受け、合弁会社とすると発表しています。
そのため大きく上げているが、ここ数ヶ月では下げのトレンドとなっていますが、ようやく反発し始めましたね! まだ株価が動き出したばかりなので明日の動きで今後上げていくか、下降トレンドに戻ってしまうか見極める必要があると感じています。

 

株ブログランキングに登録しました^^
ポチっと応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサードリンク




最近のゲーム株は買うべき?

最近、思うことがあります。

 

ゲーム株最強じゃんって

 

3793 ドリコム

3758 アエリア

3810 サイバーステップ

3932 アカツキ

 

このあたりは大人気ですよね。

 

安いところで買って放置してれば誰でも勝てました。

 

他にも3667enishとか3656Klabとか東証1部の銘柄でも株価は急騰。

 

正直なところまだまだこのゲーム株の盛り上がりはまだまだ続くと思います。

 

理由としては相場が堅調であることです。マザーズ指数にしても日経平均にしてもまだまだ元気です。

 

なんでこんなにゲーム株が盛り上がっているのかなと考えてみるとやっぱり理由はこれかなと思います。

1.     夢がある。

2.     材料がわかりやすい。

 

これに限ると思います。

 

夢があるっていうのは「3765ガンホー」「2121ミクシィ」といった銘柄はパズドラ、モンスターストライクが大ヒットとなり株価を急騰させました。

株価100倍なんてこともゲーム株にはありえてしまうのです。

また、短期間で株価が何倍にも膨らむため投資家たちはこぞって株を購入します。

 

材料がわかりやすいというのは、ゲーム株はゲームが面白いかどうかが鍵となります。

ゲームをやってみればゲーム好きの人であれば面白いかどうかなんてすぐわかります。

 

また、アップストアやグーグルストアでゲームの売上高ランキングが随時発表されており、そこでどれくらい人気なのか、どれほど課金されているのかがわかります。

 

最近では、3758アエリアなんかはスマホゲームのA3がランキング上位にきたことを好感して翌日ストップ高なんてこともありました。

 

このように材料性が分かりやすいんですね!

 

面白いと分かれば買い!ゲームがリリースされる前に買いましょう!

 

スマホゲーム市場はどんどん活性化していきます。各会社が切磋琢磨して次々とゲームを発表していってますし、スマホでゲームをする人は増えていっています。

お年寄りはやらないですが、新しくスマホをもった若者はゲームをします。

 

そう考えただけで市場規模はまだまだ拡大することが予測されます。

 

次はどこの情報通信系の企業がスマホゲーム開発をするかわかりません。

 

あらかじめ情報通信系の企業、とくにマザーズ市場の銘柄を調べておくと

宝物発掘につながるかも。。