失敗したと思ったトレードから学んだこと

トレードをしてみると失敗したなーと思うときがあります。

 

それはもちろん損をしたときです!(みんなそうだと思う)

 

トレードの大半が失敗だと思いますがその中でも大損してしまったというのはよくないです。わたしも最初はトレードが下手でした。

 

お金を減らすと落ち込みます。

 

私の場合は旦那さんの理解があったし、支えてくれたのでうまくできるようになりました。

 

失敗から学ぶことは多いです。失敗したら次はこういった場合はトレードしないって決めると大損しなくなります!株は損をします。

でも大きく負けなければ、損をしてもトータルで勝てばいいので。

 

わたしの失敗だなと思った例をあげていきますね!

 

1.    ランキングで売買

これは初心者にありがちだと思います。とにかく値上がりしている株を買う。

でもこれってとっても危険なんですね。その銘柄の株価を押し上げる材料を知らないのに買うと、大変なことになります。

(もちろん運よくうまくいく場合も)

ランキングの上位にくるやつって材料なしであがってるのもあるし、材料がそれで出尽くし待っているのは暴落っていうことが多いです。

私もとりあえず儲けたいという気持ちで値上がりしている銘柄をそのときは買って負けてました。

 

2.    損切りをしない

損切りって難しいです。損切りしたところが底値付近だったら・・・

損を確定させるのって気持ち的にも嫌です。でも損切りをしないと地獄を見ることになります。

わたしもある銘柄をいいんじゃないかと思って買って塩漬けにして、最終的に30%のマイナスとなりました。

下がる銘柄は下がっていきます。早い決断をしないとね!

 

3.    適当にトレード

負けている人に結構あると思います。なんとなくこの銘柄がいいみたいな感じで。

デイトレードで活躍されている方も会社概要は知らなくともチャート、出来高、値動きからこの銘柄で売買しようと決めているはず。

理由もなしに適当に売買をすると負けます。

わたしも最初は日本を代表する企業だからいいだろうと日経平均とかの要素を考えずにトレードして損失を出しました。

 

こんな感じで失敗談をまとめましたがほかにもいっぱいありますが、

大体この辺は誰にでも当てはまるんじゃないかなと思います。

その失敗から次はこんなトレードはしないぞ!と肝に銘じておくことが大切ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です