現在の相場の方向性

こんにちは♪ 本日も取引お疲れさまでした。

 26日の日経平均は23日に引き続き、狭いレンジ(ある範囲の値幅の中を行ったり来たりしている状態、ボックス相場ともいう場合もあり)での動きとなりました。

寄付き後は一時20,200円台あたりまで来ましたが、その後は伸び悩み、20,150円あたりで均衡状態に。

最終的に大引け20153円台で終えました。高値は20,196円、安値は20,119円でした。
NYダウは続落。為替はやや円安。

日経平均株価は2万円突入が難しかったですが2万円台になってからは堅調に推移しているようです。

 

アベノミクスで2万円台に行った時は中国ショックで死んでしまいましたが、現在の相場はニューヨーク市場が元気ですし、2020年に東京オリンピックを控えていますし、突発的な何かがなければ日経平均はゆっくり上昇していくのではないかと考えています。

 

為替レートはあいかわらずいまいちですが、120円台に入ってこれば日経平均もぐんぐんあがっていくんじゃないのかな、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です