月別アーカイブ: 2017年6月

失敗したと思ったトレードから学んだこと

トレードをしてみると失敗したなーと思うときがあります。

 

それはもちろん損をしたときです!(みんなそうだと思う)

 

トレードの大半が失敗だと思いますがその中でも大損してしまったというのはよくないです。わたしも最初はトレードが下手でした。

 

お金を減らすと落ち込みます。

 

私の場合は旦那さんの理解があったし、支えてくれたのでうまくできるようになりました。

 

失敗から学ぶことは多いです。失敗したら次はこういった場合はトレードしないって決めると大損しなくなります!株は損をします。

でも大きく負けなければ、損をしてもトータルで勝てばいいので。

 

わたしの失敗だなと思った例をあげていきますね!

 

1.    ランキングで売買

これは初心者にありがちだと思います。とにかく値上がりしている株を買う。

でもこれってとっても危険なんですね。その銘柄の株価を押し上げる材料を知らないのに買うと、大変なことになります。

(もちろん運よくうまくいく場合も)

ランキングの上位にくるやつって材料なしであがってるのもあるし、材料がそれで出尽くし待っているのは暴落っていうことが多いです。

私もとりあえず儲けたいという気持ちで値上がりしている銘柄をそのときは買って負けてました。

 

2.    損切りをしない

損切りって難しいです。損切りしたところが底値付近だったら・・・

損を確定させるのって気持ち的にも嫌です。でも損切りをしないと地獄を見ることになります。

わたしもある銘柄をいいんじゃないかと思って買って塩漬けにして、最終的に30%のマイナスとなりました。

下がる銘柄は下がっていきます。早い決断をしないとね!

 

3.    適当にトレード

負けている人に結構あると思います。なんとなくこの銘柄がいいみたいな感じで。

デイトレードで活躍されている方も会社概要は知らなくともチャート、出来高、値動きからこの銘柄で売買しようと決めているはず。

理由もなしに適当に売買をすると負けます。

わたしも最初は日本を代表する企業だからいいだろうと日経平均とかの要素を考えずにトレードして損失を出しました。

 

こんな感じで失敗談をまとめましたがほかにもいっぱいありますが、

大体この辺は誰にでも当てはまるんじゃないかなと思います。

その失敗から次はこんなトレードはしないぞ!と肝に銘じておくことが大切ですね!

最近のゲーム株は買うべき?

最近、思うことがあります。

 

ゲーム株最強じゃんって

 

3793 ドリコム

3758 アエリア

3810 サイバーステップ

3932 アカツキ

 

このあたりは大人気ですよね。

 

安いところで買って放置してれば誰でも勝てました。

 

他にも3667enishとか3656Klabとか東証1部の銘柄でも株価は急騰。

 

正直なところまだまだこのゲーム株の盛り上がりはまだまだ続くと思います。

 

理由としては相場が堅調であることです。マザーズ指数にしても日経平均にしてもまだまだ元気です。

 

なんでこんなにゲーム株が盛り上がっているのかなと考えてみるとやっぱり理由はこれかなと思います。

1.     夢がある。

2.     材料がわかりやすい。

 

これに限ると思います。

 

夢があるっていうのは「3765ガンホー」「2121ミクシィ」といった銘柄はパズドラ、モンスターストライクが大ヒットとなり株価を急騰させました。

株価100倍なんてこともゲーム株にはありえてしまうのです。

また、短期間で株価が何倍にも膨らむため投資家たちはこぞって株を購入します。

 

材料がわかりやすいというのは、ゲーム株はゲームが面白いかどうかが鍵となります。

ゲームをやってみればゲーム好きの人であれば面白いかどうかなんてすぐわかります。

 

また、アップストアやグーグルストアでゲームの売上高ランキングが随時発表されており、そこでどれくらい人気なのか、どれほど課金されているのかがわかります。

 

最近では、3758アエリアなんかはスマホゲームのA3がランキング上位にきたことを好感して翌日ストップ高なんてこともありました。

 

このように材料性が分かりやすいんですね!

 

面白いと分かれば買い!ゲームがリリースされる前に買いましょう!

 

スマホゲーム市場はどんどん活性化していきます。各会社が切磋琢磨して次々とゲームを発表していってますし、スマホでゲームをする人は増えていっています。

お年寄りはやらないですが、新しくスマホをもった若者はゲームをします。

 

そう考えただけで市場規模はまだまだ拡大することが予測されます。

 

次はどこの情報通信系の企業がスマホゲーム開発をするかわかりません。

 

あらかじめ情報通信系の企業、とくにマザーズ市場の銘柄を調べておくと

宝物発掘につながるかも。。

現在の相場の方向性

こんにちは♪ 本日も取引お疲れさまでした。

 26日の日経平均は23日に引き続き、狭いレンジ(ある範囲の値幅の中を行ったり来たりしている状態、ボックス相場ともいう場合もあり)での動きとなりました。

寄付き後は一時20,200円台あたりまで来ましたが、その後は伸び悩み、20,150円あたりで均衡状態に。

最終的に大引け20153円台で終えました。高値は20,196円、安値は20,119円でした。
NYダウは続落。為替はやや円安。

日経平均株価は2万円突入が難しかったですが2万円台になってからは堅調に推移しているようです。

 

アベノミクスで2万円台に行った時は中国ショックで死んでしまいましたが、現在の相場はニューヨーク市場が元気ですし、2020年に東京オリンピックを控えていますし、突発的な何かがなければ日経平均はゆっくり上昇していくのではないかと考えています。

 

為替レートはあいかわらずいまいちですが、120円台に入ってこれば日経平均もぐんぐんあがっていくんじゃないのかな、と思っています。

3667 enish とこれからの相場予想

個人的には3667enishをすごい押しています。

 

enishは前から結構教えている銘柄です。なぜ値上がりしているのかについてまとめてみました。

 

enishは最近値上がりしているゲーム銘柄の中でも注目です。

最近のゲーム銘柄といえば、一番に思いつくのはA3の「3758 アエリア」であったり、

クレーンゲームアプリで大幅増益を見込んでいる「3810 サイバーステップ」や

美少女系ゲームを作っている会社で最近新作を出すとIRを開示した「3935 エディア」であったり、ドラゴンボールドッカンバトルが海外でも好調の「3932 アカツキ」

といったように盛り上がっているセクターの銘柄です。

 

enishで注目しておきたいところは、なんといっても秋元銘柄ということですね♪

 

秋元銘柄というのはAKB48の総支配人である秋元康氏が関わっている銘柄であるということです。

記憶に新しい「6176 ブランジスタ」は今でこそ株価は高くありませんが、短期間でテンバーガーを達成、15850円という高値を記録した秋元銘柄の代表です。

その後も「3689 イグニス」といった秋元銘柄と呼ばれる銘柄は大きく株価を上昇させました。

 

eishも秋元銘柄であり。500円程度だった株価を短期間で押し上げてきました。

最初は秋元銘柄と叫ばれて株価を上昇させましたが、正式発表がなかったため、いったん株価は下げました。しかし、enishのホームページで秋元関連を連想される内容などが開示されてからは再び株価を上昇させました。

 

ブランジスタなども下げがあったのでenishもここで拾っておきたかったところです。

 

チャートを見て分かるようにまだ上場来高値ははるか先です。今後のenishIR次第では連続ストップ高なんてこともあるかもしれません。

 

今後の相場予想としてましては

    会社からの情報開示で株価が高騰。

    アプリの事前登録次第で株価高騰。

    アプリの売り上げランキング次第で株価が高騰。

と予想しています。

 

もちろん①②③のあとは株価の下げがあると思いますので次の段階に移る前に安いところで拾う作業が必要かなと思っています。

 

 

株が終わった後はお買い物。

小さな子供がいるママにとっては、専業主婦といってもずっとパソコンの前にはいられません。今日も子供と遊んで、ちょっと株の銘柄を探して今からお買い物。

 

広告でみたセール品を確保しにいかねば!!

 

晩御飯はスーパーでお買い物しながら考えよ!

 


スポンサードリンク





このサイトについて

初めまして!

このブログは日々の売買記録や、反省、そして少しでも同じくトレードをする方々の励みになればと思い書いています。

 

今日は簡単にわたしの自己紹介とトレードスタイルについて紹介します。

 

わたしは主婦トレーダーです。子供がまだ小さいためパートなどもしていません。でもお金稼ぎたいなということで旦那と相談して株式をやることにしました。

 

トレードスタイルとしては短期、中期のスイングトレードになります。

 

デイトレードがはやっていますがあれは個人的にすごい才能がないと無理だと感じています。

今は相場にAIがどんどん入ってきていますから、わずかな利鞘を狙っていくのは難しいです。

 

トレード方法は、日経平均、マザーズ指数、為替や各セクターごとの値動きを見ます。

 

盛り上がっているセクターの株、四季報を見て成長しそうな企業の株を買って値上がりするのを待つのがわたしの手法です。

 

最近では、6728アルバック、8035東京エレクトロンと東証1部の半導体事業の企業がよい決算を出してきました。

これはと思い、6266のタツモを購入しました。

 

思惑どおり、しっかりと株価は右肩上がりのチャートを継続してくれました。

 

ある程度の含み損は覚悟して値上がりするような銘柄を買っていってしっかりと値上がりを待つトレードが得意です!

 

 これからよろしくお願いします。